1. ホーム
  2. DIY、工具
  3. 業務、産業用
  4. 農業用
  5. sita クローム木柄 てこ付草抜き A415
【着後レビューで 中古 sita クローム木柄 てこ付草抜き A415 mairie-lasouterraine.fr mairie-lasouterraine.fr

sita クローム木柄 てこ付草抜き A415

330円

sita クローム木柄 てこ付草抜き A415

【商品名】
 sita クローム木柄 てこ付草抜き A415

【商品説明】
 ・サイズ:全長/305mm、刃先/175mm、巾/15mm
・材質:頭/クロムメッキ、柄/タモ材

【サイズ】
 高さ : 6.70 cm
 横幅 : 8.90 cm
 奥行 : 40.20 cm
 重量 : 160.0 g
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。



sita クローム木柄 てこ付草抜き A415

ORIONS カラーバールーペ 15cm イエロー CBL-700-Yコップ トトロ 抗菌食洗機対応プラコップ トトロ さんぽみち/KE5AAG 軽い 軽量 子供 子ども用 カップ プラカップ プラスチック 割れにくい ランチ お弁当?儀(Takagi) ショートワイドモンキー GISUKE 24mm SWM-24ポリス POLICE サングラス メンズ レディース 男女兼用 国内正規品 偏光レンズ ボスリントン型 GAME 6AQUA LUNG(アクアラング) リ・ユーザブル タイラップ [129154]ライダースジャケット メンズ ブルゾン レザージャケット 秋服 革ジャン ライディング ジャケット アウター バイクジャケット リブ レザーコート 春秋冬 新作■TRUSCO 引き取手 ステンレス製めねじΦ10XL120XH50(1個=1袋)【2754436:0】フイリップス ランプ 24V150W 7158フェイスマスクカバーネック通気性カバーヘッドウェアCamouflagey02【龍の紋・紺】和柄足袋ソックス・スニーカー丈(男性用:25〜28cm)酒器 和食器 / 刷毛十草高台盃 寸法:5.5 x 3.8cm ・ 25ccポロシャツ 半袖 Glimmer グリマー 4.4オンス ドライ ボタンダウン ポロシャツ ポケットなし 313abn 大きいサイズ 吸汗 速乾 父の日 ビズポロ ユニフォームマザーズバッグ トートバッグ エコバッグ マイバッグ 軽量 キャンバス レディース メンズ トート ミニ バッグ 鞄 大きめ A4 A3 日帰り 通勤 通学 出産祝い 便利スライスボーイMSC-90用 中厚切用円盤 2.5mmロンT メンズ ロングTシャツ ワイドシルエット ドロップショルダー ヘビーウェイト 綿100% コットン天竺 無地 クルーネック 長袖 カットソー羽織 メンズ カーディガン 五分袖 はおり 着物 部屋着 カジュアル トップス 夏服 メンズファッション 敬老の日限定価格10 Pack Transcend 10 x 8GB Class 10 microSDHC Flash Memory Card TS8GUSDHC10TERZO テルッツオ トヨタ MXUA80系 AXUH80系 ハリアー ハリアーハイブリッド用 エアロルーフキャリア取付4点セット 1台分送料無料 ベリー オールド セントニック 12年 アンティークバレル 750ml バーボン ウイスキー 45度 並行輸入品 箱なし

メセンの本の話


 久しぶりの更新になってしまいました。仕事に加えて植物本出版の準備が忙しく、10月は記事が書けなかったのですが、このブログは色々なことの原点でもあるので、間はあいても更新するようにしたいと思ってます。

 先週末、年季の入ったコノフィツムコレクターの栽培場を訪ねて、作りこまれた美しい群生株に溜息をつきました。久々にスイッチが思い切り入ってしまって、週末はコノフィツムの皮むき→株分け→植え付けの大車輪。サボテンたちが静かになる秋、瑞々しく膨らんで動き出し、美しい花を次々と咲かせるコノフィツム。小さくても精密で、見れば見るほど引き込まれる素晴らしい植物群ですね。







   Conophytum turrigerumn in 'habitat-like' arrangement.




 ここに載せているのはすべて私の栽培株で、名人のものではありません。写真を撮るためにお邪魔したのですが、名人の標本写真は、来年出す予定のメセンの本に載せるつもりです。コノフィツムについては去年、conoconoさんの素晴らしい本が出ましたが、リトープスやその他もろもろのメセン全般をカバーする書籍がみあたらないので、作ってみようと思ったわけです。サボテン本の方も忙しいので、メセン本の方は、 The Succulentist こと河野忠賢さんとの共著で進めることになっています。
 Shabomaniac! & Succulentist のコラボというわけで、私の引き出しに加え、博識でセンス抜群な彼のアイディアも加わればきっと面白い本になると思います。ちなみに河野さんは近く訳書「Secrets of Namaqualand Succulents」(グラフィック社・11月発売予定)を出版するそうで、私は原著を読みましたがメチャ内容濃い本。文字数も多いので日本語だと助かります。






 
   Conophytum,obcordellum 'picturatum' LAV25590




 来年出すメセン本も基本は黒バックでの標本写真を中心に構成する予定ですが、成長期と休眠期の比較や、自生地の画像、アレンジメントの楽しみなど、多角的に魅力を伝える内容にできればと。もちろん栽培法も詳述します。皆さんのなかで、良い写真お持ちの方はぜひ提供して頂けたら、と思います。
 サボテン本の制作でも苦労していることがひとつあって、日本のコレクターは栽培する種がすごく限定的な傾向があるのです。どの方の栽培場に行っても、あるものはあり、ないものはない。というか、市場性の高い特定の種は皆さんが作っているのですが、マイナーなものを網羅的にコレクションしている方はなかなかおられません。メセンでも、コノ、リト以外のマイナー玉型種や塊根種は数が少ないし、枝もの草ものメセンとなると、滅多に見かけません。特にこれらのコレクションをお持ちの方、ぜひぜひご連絡いただければありがたいです。そんなマイナーなものを、というひともいるけれど、皆が持っている植物ばかり載っている本では面白くないので、あまり知られていない種の魅力こそ、伝えたいと思っています。







   Conophytum auriflorum R933 Templekloof, Komaggas




 最近はコノフィツムでも特定の種に人気が集中しがちで、かつてのように愛好家同士で気軽に交換したりするのも、やりにくくなりました。とはいえ、むかしながらの足袋型種や鞍型種、花もの、あとは旧オフタルモなどは、まだまだ現実的な価格で流通していますし、ブランド化した種類に限らず、幅広く関心を持ってもらえればいいなと思います。なので、来年出す本にはマイナーなものもたくさん載せてメジャーにしてあげたいなと。













テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

地面に潜るエリオシケ(ex.Thelocephala)


 コピアポア人気で光があたり、最近少しずつ人気が出てきたエリオシケ属のカクタス。大半は南米チリのアタカマ砂漠とその一帯が原産地で、コピアポアとは僚友のような関係です。今回はなかで、小型でなかば地中に潜るように育つものが多いグループ、かつてテロセファラと呼ばれた仲間をいくつか紹介します。

 いまのエリオシケ属(Eriosyce)は、もともと別の属に分けられていた多くの植物を統合して大家族になっていますが、古くから知られる豹頭(Eriosyce napina)に代表されるグループは、かつてテロセファラ(Thelocephala)と呼ばれていました。実はこれ以外の名前でも呼ばれていたのですが、このテロセファラという名前を正式に記載したのが、日本のサボテン研究家・伊藤芳夫氏だったこともあり、国内ではこの呼び方をする人が多かった。伊藤氏は昭和の時代、花サボテンを中心に南米サボテンを幅広く蒐集研究し、多くの著作を残しているのでご存じの方も多いと思います。彼が1957年に立てたのがこのテロセファラ属です。彼は自身が交配作出したものも含めて、この他にもめちゃめちゃたくさんの属を記載しているのですが、その後ほとんど統廃合されて残っていません。ただ、いまも海外のリストなどにはこのテロセファラの名を散見します。ほかにもチレオレブチア(Chileorebutia)やネオチレニア(Neochilenia)、ネオポルテリア(Neoporteria)といった名前で扱われるケースもありますね。







     Eriosyce napina FK-75-77(Huasco, Chile)



 テロセファラの代表格といえば、なんといってもナピナです(E.napina)。豹頭という愛称でも親しまれています。小型で成球でも親指くらいのサイズにしかならず、通常は群生もしません。ただ、かぶら状に肥大する塊根は地上部の何倍にもなるので、鉢に収めるのに苦労します。肌色は鈍いグリーンから褐色で、刺はごく短く球体に張り付くような状態なので、触っても痛くない。濁った黄褐色~薄桃色の大きな花を咲かせます。丈夫な植物ですが、もともと甚だしい乾燥地に生えているため過湿は根傷みを引き起こします。たまにすごく大型の個体を目にしますが、おそらく他種との交配だと思われます。







     Eriosyce napina 'challensis' JA18(Llanos de Challe)



 この属でもっとも新しく魅力的な種のひとつが、このチャレンシス(チャジェンシス・・・Eriosyce napina 'challensis')。2005年に記載されたものの、正式には承認されておらず、ナピナのシノニムとして扱われています。しかし、密な白い刺、大きく黄色い花、植物体の柔らかな肉質など、ナピナとは顕著な違いがあります。ジャノス・デ・チャレ国立公園の丘にのみ分布しており、野生株はほぼ地中に埋まるように育ちます(写真の株はやや甘やかされている)。自生地とされる場所で探し回りましたが、当然のごとく発見出来ませんでした。外見的には、北米サボテンのエピテランサ属(Epithelantha)を思わせるような独特な姿で、栽培下では旺盛に子吹します。







     Eriosyce fulva FK529(Totoral Bajo)



 つづいてはフルバ(Eriosyce fulva)。この個体の元親採取者カッターマン(Fred Kattermann)は、オディエリの亜種(E.odieri ssp.fulva)としていますが、妥当かも知れません。オディエリは変異の幅が広く、基本種はモロ・コピアポ
(Morro Copiapo)の丘に局限するとされていますが、フラバはより南のTotoral近郊に分布します。オディエリの亜種として流通しているものには、ほかにグラブレスケンス(ssp.glabrescens)やモンテアマルゲンシス(ssp.monteamargensis)などがあります。



 



     Eriosyce esmeraldana JA33(Esmeralda, near the coast)



 こちらもテロセファラの仲間としては古典といえる種、エスメラルダナ(E.esmeraldana)。黒羅漢という日本語名があります。テロセファラ系統では比較的北方に分布し、名前の由来となっている自生地エスメラルダ付近には、コピアポアの孤竜丸(Copiapoa cinerea ssp.columna-alba)やラウイ(C.laui)、そして同名のエスメラルダナ(C.esmeraldana)も分布しています。錆びた褐色の扁平な球体は、太い塊根をアンカーのように打ち込んで地面に埋まっています。子吹きしやすく長ずると群生することもあります。
 
 テロセファラ系統のカクタスは多彩で大変魅力的ですが、小さなサボテンは大群生にしないと納得できない日本人マニアの傾向と、根を収めるために大きな鉢にちんまり植えるのが嫌われて、あまり栽培する人はいませんでした。また鉢に収めるため塊根を切ってしまう人もいます。しかし、テロセファラの太い根には、乾燥する季節にぐっと縮んで球体を地面に引っ張り込む機能があります。これによって潜り、砂をかぶり、身を隠して長い乾期を耐えるのです。写真のエスメラルダナは最盛期で球体がもりあがっていますが、水を切るとぐっと潜って地面より下に隠れます。これは深鉢に塊根をしっかり張らせているからで、こうした生態の観察もテロセファラの仲間ならではの楽しみです。



















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

続続・太平丸の顔


 太平丸(Echinocactus horizonthalonius)は、端正な姿と、バラエティに富んだ刺の表情で、多くのファンを獲得してきました。サボテン科のなかでももっとも環境適応がうまくいった例と考えられ、アメリカ南部からメキシコ南部までの広大な範囲に分布しています。分類学的には「太平丸」一種と考えられていますが、自生範囲が広い分だけタイプの差も幅広く、刺の色やカーブの具合の違いから「太平丸」、「小平丸」、「翠平丸」、「尖紅丸」、「花王丸」、「雷帝」、「ニコリー」など、色々な愛称で呼ばれています。いずれもかつて原産地から導入された際につけられたものです。その後、それぞれが園芸改良され卓抜な優良個体が数多く作出されていますが、残念なことに正確な産地データが残っておらず、「雷帝」や「花王丸」などがどこから来たものなのか、今となってはわかりません。そのため、名前の根拠というか、純系を求めることは困難になっています。





   Echinocactus horizonthalonius from various localities. all grown from seeds
 
 

 そんなこともあって10年ほど前から、産地データがしっかりついた種子を導入して実生してきましたが、これがなかなか面白い。徐々に大きくなって特徴が表れてくると、かつての「花王丸」はこの産地だったのか?、とか、これが「小平丸」かも・・・などとかつて育てた輸入の太平丸たちの面影と重なるのです。以下に紹介する株はいずれも実生7-12年程度の太平丸で、接ぎ木をしていないこともあってまだ開花にも至っていない若苗が大半です。以下、7つの産地の太平丸を紹介しますが(クリックで地図を表示)、アメリカ国境付近から南部グアナファト州まで、太平丸が実に広い範囲に分布していることがよくわかります。アメリカ・テキサスの太平とメキシコ・グアナファト州の太平はかなり違うを顔をしていますが、コロニーは連続的に分布していると考えられ、栽培下で両者は問題なく交配結実します。それゆえ同種と考えるのが妥当ですが、園芸的には産地ごとの遺伝的差異を大切に世代交代していくのもありではないでしょうか。では北よりの産地から順に、フィールドナンバーごとに紹介していきます。







   【VZD703】 El Diamante ,Chihuahua



 トップバッター、【VZD703】の産地は、チワワ州(Chihuahua)の El Diamante です。大きく湾曲した長めの刺、太平丸らしい太平丸、典型的なタイプと言えそうです。アメリカ南部の太平にも通じる顔つきで、大柄に育つ感じが今から出ています。ゆったりおおらかに育てていきたいなと。







   【VZD1032】 La Trinidad, Durango



 つづいては少し南下ってドゥランゴ州(Durango)。この州の太平丸は刺が魅力的なものが多く、人気があります。ただ、よくドゥランゴ太平などと言いますが、同じ州内でも産地によって実に色々なタイプがあります。この【VZD1032】は、La Trinidad が産地。ごらんのように黒くエッジの効いた刺が鶯色の肌に生える美しい太平です。かつて黒刺太平丸として入ったタイプにあったような顔ですね。







   【VZD691】 El Carrizo, Durango



 そして、【VZD691】は、El Carrizo 。ここは欧州の太平ファンには有名な産地のようで、色々な人のフィールドナンバーが出回っています。そしてこのタイプは、日本のカクタスファンにとっても印象深いのではないでしょうか。そう、「花王丸」の顔なのです。濃紅色の太刺が球体を覆うようにカーブする屈指の名品。自生地の写真など見ても、この産地はかつての花王そのものに見えますが、如何でしょうか。







   【KMR391】 'minimus' Ejido Buen Dia, Durango



 もうひとつドゥランゴ州から、【KMR391】は、Ejido Buen Dia が故郷。種子には'minimus'と付記されていました。その名のとおり「小平丸」の顔をしてますね。焦げたような短い黒刺。平たい稜と扁平な球体。かつて小平丸と呼ばれて入ってきたものには色々な顔(産地)がありましたが、そのうちのひとつ、尖紅丸と呼ばれた型などはこのあたりだったのはないでしょうか。







   【VCA148】 Buena Vista, Coahuila



 続いては少し東へ飛んで、コアウィラ州(Coahuila)の太平丸。【VCA148】はSaltilloにほど近い Buena Vista が産地。刺幅が広く、黒く、あまり湾曲せず、なかなか強面の太平です。かつて人気があった黒広刺の太平丸「雷帝」もコアウィラ南部から入ったと言われていますが、その面影に通じるものを感じさせるタイプ。大きくなるのがかなり楽しみです。







   【VZD1066】 Pozos, Guanajuato



 ぐっと南に飛んで、グアナファト州(Guanajuato)の太平丸です。【VZD1066】はPozosが産地。メキシコシティにも近づいてきて、太平丸の産地としては最も南寄りになります。このタイプは刺が比較的短く、ツンとして湾曲していないのが特徴です。







   【VZD1067】 El Vergel, Guanajuato



 もうひとつ【VZD1067】も同じグアナファト州のEl Vergelが産地。番号も近接していて、タイプもよく似ています。先のVZD1066でも感じたのですが、この真っすぐで短めの刺の感じは「翠平丸」と呼ばれたタイプを思い起こさせます。これも大きくなったらどんな姿になるのか、期待大です。









 ずっと以前、太平丸の顔(続)としてこのブログにとりあげたのが10年ほど前。このときは1~2年生のごく子苗でした。私のところは育つ速度が遅いので10年育ててもこの程度ですが、それなりに太平らしい風格が出てきました。さらに10年後は、山木に負けない株に育ってほしいと思います。
















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
マミラリア・エスコバリア (5)
オカモト okamoto はくらく hakuraku レッグウォーマー しめつけない 履き口らくらく 内側パイル 冷え対策 日本製 メンズ メール便(27)パナソニック(Panasonic) EW0820-W(白) ドルツ専用 クリーンamp;ホワイトブラシ 2本入サルエルパンツ メンズ パンツ ワイドパンツ カジュアルパンツ チェック柄 チノパン ボトムス ローグパンツ ゆったり イージーパンツ ズボンラッシュガード 反射材 日焼け止め服 コート ジャケット アウター メンズ フード付き スポーツ 超軽量 速乾 長袖 カップル 無地 旅行用テスラモデル3 18-19のためのカーボン繊維の後部フォグランプフレームカバートリムのステッカーアグラス チェーンアジャスタープレート ブルー GIXXER SF250帯留 数 SUU 椿とメジロ 帯留め パルナートポック 着物 洒落用 【LINE友達登録で10%OFFクーポン】メンズ フィットネス タンクトップ 筋トレ ノースリーブ シャツ サマー 速乾 トレーニングウェア ジム ランニング 袖なし スポーツウェア 男性 トップスWEIRDO/ウィアード2021AW「Kustoms Bomber Jacket”Back Print”/カスタムズボンバージャケット”バックプリントレイバン サングラス NewModel Ray-Ban RB4356 902R5 スクエア STATE SIDE ステートサイドオペラシューズ メンズ スリッポン 雑材 カジュアル フラットシューズ リゾート おしゃれ 2.5cmヒール No.6300 25.0cm〜27.0cm 黒 ブラック 白 ホワイト Dedes涼感 レジャー スウェット 上下セット セットアップ 半袖 メンズ 部屋着 ルームウェア 大きいサイズスーパー 油圧用カップリング(雄) 適応油圧ホース:HH2Nトラック用レンズ 0911-34 バステールレンズ ストップレンズ /レッド(反射板なし) KOITOサイズGALE SPEED GALE SPEED:ゲイルスピード Elaborate(エラボレート)マスターシリンダー【REシリーズ】 クラッチマスター
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる